夏越祭

令和元年夏越祭のお知らせ

みな月のなごしの祓する人は
        千年の命のぶというなりCIMG1538

夏越祭は六月大祓とも申し、1年の半ばである6月の月を境月として、
平素知らず知らずのうちについた不浄不潔(神道では罪気枯れ)を祓い清めて清く正しい心と身体を
もって日々の生業に勤しむと共に、暑い夏を元気で過ごせるよう神様にお祈りするお祭りです。
当社では毎年7月15日に行います

一、期 日  7月15日(日曜日)

一、行 事  火鑚り神事  午後6時
(神前で木を擦り合わせ火を熾します)CIMG1409
大 祓 式  午後6時半
(神前で大祓のお祭りを執り行います)
御湯立神事  午後7時半CIMG1514
(大釜の前で神事を執り行います。神事終了後お湯をお配りします。
このお湯を飲むと夏病みをしないと古くから言われています。)

一、随 時  茅の輪くぐり

CIMG1352

 

 

 

お願い!お祭りの維持・運営の為、人型(ひとがた)を有料といたします。

お書き頂いた人型を、ご家族様まとめて頂き初穂料1000円を添えて授与所へお持ちください。御札・茅の輪を授与致します。
ご協力頂きますようお願い申し上げます。