協賛事業

御神木(大クスノキ)の剪定について

旭山神社の御神木(大クスノキ)は、大正天皇の御即位を記念して、
大正4年11月10日 己斐町の有志によって植樹されました。
その後106年の間、すくすくと成長しております。
台風などの風災害の時には枝が折れるなどの被害があり、民家及び参拝者への被害が危ぶまれておりました。
早く何とかしなければと考えております。
この度 旭山神社奉賛会は、この楠木を剪定することと致しました。
大がかりな剪定故、皆様方の御浄財によって行いたく存じます。
皆様方には出費多端な折柄、甚だご無理なお願いとは存じますが、事業に格別の御奉賛を賜りますようお願い申し上げます。
                               旭山神社奉賛会

事業概要 大楠2本の剪定
事業工期 令和4年12月(完了)
事業予算 200万円
募集期間 令和5年12月31日
奉賛概要 1口5千円以上(何口でも可)
募集方法 振込・神社へ持参
振込先  ゆうちょ銀行 01390-8-107457
     旭山神社奉賛会
    (振込手数料は各自お支払い下さい)
     住所・氏名・電話番号を御記入下さい

境内水銀灯募集について

時代の流れと共に、境内地も変化していかなくてはなりません。
現在の水銀灯は錆がひどく、電気代も多くかかっております。
この度、ステンレスの柱にし、電球もLED電球に取り替え、神社に相応しい状態に改修したく思います。
コロナ渦ではございますが、御協力賜りますようお願い申し上げます。
               旭山神社社務所

*募集基数   2本(5本は奉納戴きました)
*募集期間   募集基数に達した時点
*募集要項   柱にお名前を刻みます。
       (水銀灯の場所は申込順に決めさせていただきます)
*奉賛金    一基 50萬円以上
  ★旭山神社までご連絡下さい